占術図鑑vol.1「西洋占い」

西洋占い

西洋占いとは?

占いの中でも、西洋文化圏で伝えられてきた占いをまとめて、『西洋占い』(西洋占術)と呼ぶことがあります。

西洋占いは四大元素の「火・地・風・水」の思想と、キリスト教、ユダヤ教の影響を受けた側面もある占いです。

西洋占いと東洋占いの違い

西洋占いは四大元素の「火・地・風・水」の思想をベースにし、錬金術、物理学的概念を用いて整理されていきました。

一方で、東洋占いは「陰」と「陽」の二極性と「木」「土」「火」「金」「水」という陰陽五行説をベースとした自然科学的概念によって整理されています。

 また、時間の捉え方も一定のサイクルを繰り返す「暦」が元になる東洋と違い、西洋占星術の同じ星回りは二度と来ない考えから、西洋の時間の流れは直線的であることが分かります。

こうした文化の違いが、西洋占星術と東洋占星術の占いに反映されているようです。

代表的な占術

【西洋占星術】

西洋諸国で発展した占星術で、12星座でよく知られる占いでもあります。

(テレビや雑誌などによく取り上げられていますね)

西洋占星術は生年月日、出生地、出生時間をもとに星の配置から性格や運命を導く占術となっています。

【タロット占い】

タロット占い

こちらもタロットカードでお馴染みの占い。

タロット占いは78枚の内、22枚の大アルカナに、56枚の小アルカナのカードを用い、偶然その場に出たカードから質問の答えを導き出します。

独自の解釈によって絵柄や解釈の異なるタロット占いも存在します。

【手相術】

手相術

手相占いは指や手の形、しわなどから性格や運勢を占います。

実は日本で主流になっているほとんどは西洋の占いで、西洋の占星術が基礎にあるとされています。

【ルーン占い】

ルーン占い

ルーンとは、ゲルマン語で使われていたとされる文字体系(ルーン文字)のことを示します。

一般的なルーン占いは24のルーン文字を刻んだ石を使い、どの石が出たかで、そのメッセージを読み解いていく占いとなっています。

【マンデン占星術】

マンデン占星術

国家や巨大な組織、政治、社会動向などを占うときに使われる占星術です。

政治あるいは会社が成立(設立)したときのチャート(ホロスコープ)を作成し、その行方を占います。

春分図(四季図)や始原図、新月図などの特定のサイクルが始まるチャート(ホロスコープ)をつくり、その期間の社会現象を予測する使い方もされているようです。

【ホラリー占星術】

ホラリー占星術

ある質問を元にチャート(ホロスコープ)を作成し、それを解読していく占いです。

もともとhoraryは英語で「時間で」という意味があり、生年月日などの生まれながらの条件は踏まえず、質問をした瞬間から近い未来を占う特徴があります。

【数秘術】

数秘術

生年月日や、名前などを数字に置き換え、独自の計算方式で導き出された数字の意味から占います。

数秘術の基本原理は、ひとつひとつの数に特別な意味があると考え、同時にこの宇宙全てのものは数の法則によって秩序がもたらされ、また支配されているとしています。

他の人気の占術もまとめたので、占い好きはチェックしてください♪